投資信託とはどのようなものでしょうか

投資信託とはどのようなものでしょうか。投資信託は金融商品の一つで、株式や債券、不動産に投資する機関投資家やプロの運用会社が、複数の投資家から販売会社を通じて資金を出資してもらい、資産運用を行う仕組みです。

やはりファンドマネージャーなどに資産運用を任せるのは賢明な方法です。

素人が自分自身で資産運用をすると失敗することも多ありますし、プロに任せられるということは安心感が高いと思います。

但し、投資信託には元本保証はありません。銀行に預けるわけではありませんので、既存のリスクは常に伴います。

預金などと同じように考えてしまってはいけません。しかし、リスクがあるとはいえ、預金のリスクがほとんどないに等しい時代ですし、資産を眠らせてるだけにはできません。日本は低金利の影響もあり、資産運用する時代の流れがきていると思います。

将来のことも考えると、投資信託も含めて資産運用を検討するのがいいと思います。

投資信託を販売してるのは販売会社です。

あなたの資金を運用する運用会社は別にありますので、販売をしている大手証券会社や銀行というのは、完全に販売のみを任されています。

役割は分離しているということです。

それぞれ別々の役割をしていますので、この仕組みは理解しておかなければいけません。大手証券会社や有名銀行の営業窓口にいきますと、営業マンはまるで自分の会社の商品のように商品をすすめてきますが、あなたが得をしようが、投資信託を購入した結果は、販売会社の利益には関係ありません。何とか買わせようとセールストークをしているのだということを意識しておきましょう。商品があなたにとって本当に良いかどうかというのは、自分自身で判断しなければなりません。彼らは投資信託を販売して手数料を儲けとしているのです。

投資信託を購入するとお金を損失する場合もあります。

これは、お金を積極的に増やそうとする行為である分仕方ありません。投資信託は、運用会社が運用の利益を目指して成果物をあげられた場合に、投資家に返還するという金融商品です。

投資信託を購入する場合は、このような知識を十分に備えてから、自分が本当にいいと思ったものを購入するようにして下さい。

ちなみに私は、投資信託はこちらでランキングを事前に調べておいたので申し込みする際も一切悩まずに済みました。実際にはファンドも混じっていましたが結果的には良かったです。


基本の投資概念として・・・

投資信託には元本割れの恐れもあるという話は以前もしました。投資信託にはリターンもあればリスクもあります。

高いリスクを取れば、ハイリスクハイリターンという言葉のように、期待できる高い収益があります。

低いリスクをとった場合は、返ってくるリターンも低い傾向があります。

これはローリスクローリターンという言葉通りです。

投資にミドルリターンローリスクなどというのはありません。原則的に様々なリスクを管理していますし、場合によってリターンの度合いも違いますが、投資信託の場合はリターンとリスクは原則同じだと考えていいと思います。

やはりこのリスクとリターンがありますので、次のような方の場合は、投資をしない方が賢明だと思います。

基本の投資概念として、ハイリスクハイリターンか、ローリスクローリターン、この二つのどちらも受け入れられないという方は投資をするべきではありません。選択肢はこの二つしかありません。収益を得たいのであれば、ある程度のリスクは許容しなければなりません。あとリスクを考える時に、どれくらいまでの目減りを許容できるか、自分が投じた資金がどれほどリスクを負うことができるかを考える必要があると思います。

投資信託の値動きの幅というのは、大きければ大きいほど高いリターンがある傾向があります。

しかしこれがリスクにもなります。

やはりリスクとリターンというのは表裏一体なのです。

投資信託の購入を考えるときは、こういったことも踏まえて考えて頂きたいと思います。





投資信託で可能になること

前回はリターンとリスクという話しました。投資信託には様々なリスクもありますが、投資信託で可能になることというのはたくさんあります。

今日はそれを考えてみることにします。

個人で投資をする場合は、限られた分しか投資することしかできません。やはり自分の資産規模では限界があり、数も限られた数にした投資できません。様々な投資に興味があっても、手間もかかりますし、新興国への投資などは不可能だったりします。

個人で投資を行う場合、自分自身ではできないことが多いです。

また、通常の株式投資や債券投資は、ある程度資金が必要にもなってきます。

投資信託を購入すると、一つの資金として複数の投資家の資金を合算して考えることで、様々な分野に分散して投資が行えるようになります。

また、これまで購入できる仕組みがなかったりしたものに対しても、投資信託を通じて投資ができるようになります。

個人ではなかなか判断が難しいことも、プロの手を借りることができるので安心感が高いです。

運用を行う時に頼りになるのがプロの分析力です。

投資信託は一万円からでも投資を始めることが可能です。

このように非常に安く、少額投資から始められるというのは大きな魅力だと思います。

また、一定のボリュームメリットがあるので、新興国への投資なども可能になります。

さらに投資信託というのは、行政の厳正な管理下で成り立っている商品ですので、運用状況や資産状況など、あらゆる面で透明性が高くて、安全です。

それから気楽さもあります。

一度申し込みを済ませれば、後はほったらかしにできますし、定期的な報告書を受けながら、決算月ごとの運用状況を見守ることができます。

このように投資信託は、リスクがあるとはいうものの大変魅力の多い金融商品であるといえます。
リスクがあると言えば、どうせならもう少しリスクを取ってリターンも狙うという方法もあります。それがファンド投資なのですが中々投資信託との違いを説明するのは難しいところです。

私の投資の師匠の会社で運営している投資信託のおすすめ比較サイトというがあるのですが、投資信託のことだったら日本で一番詳しいサイトだと思いますし、特にファンドとの比較が分かりやすいので参考になると思います。





海外に投資する場合のリスク

リスクの種類をいくつか挙げてみたいと思います。

「流動性リスク」というのがあります。

流動性リスクというのは、例えば買い手と売り手が少ないという場合、これを流動性が低いといいますが、この場合、売れた時の金額が非常に安くなってしまうこともありますし、売りたくても買い手がいなくて売れないというリスクもあります。

次に国のリスクというのがあります。

これは、「カントリーリスク」と呼ばれますが、このカントリーリスクは発展途上国などに多く見られます。

国全体の価値が下落した場合などに、投資したものが無駄になったり、価値が著しく損なわれることがあります。

国の統治そのものの不安定さや、政権の脆弱性によって起こるので、海外などに投資する場合はこのカントリーリスクを意識しなければなりません。また海外に投資する場合はもう一つ、「地政学的リスク」というのもあります。

これは紛争などによるリスクをいいますが、オイルなどにもよくみられ、価格の乱高下などによって生じます。

今日は主に海外に投資する場合のリスクについて紹介しました。他にも様々なリスクの種類がありますので、またどこかのタイミングで取り上げたいと思います。





最大限に複利の力を発揮するには

今回は、長期保有をするとなぜいいのか…、ということについて書きたいと思います。

まず最大のメリットは、最大限に複利の力を発揮できるという点です。

運用途中に発生する利子や分配金などは、長い期間投資を続けているので、利子や分配金にも利息をつけることができます。

複利の効果は長期間投資によって最大限に取り込むことができるのですが、5年、10年と長く持ち続けていると、値動きの幅が縮まってくるということがよく知られています。

安定した運用を行うためには、値動きの幅が縮まらないといけません。長期間持ち続けているとリスクの管理もしやすく、リスク自体を軽減する効果もあるといえます。

運用期間がわずか1年だと、せっかく得た収益に与えるマイナスは3%ですが、運用期間が3年だったとすると、3年の収益とみなされ、マイナスは1%となります。

マイナスの影響というのは、このように長期保有した場合は縮小していきます。

但し、長期保有の場合は、信託報酬という形で費用が差し引かれていきますから、場合によっては早く解約した方がいいという場合もあります。

販売会社からすると、信託報酬形からも費用が得られるわけですので、なかなか解約をしないようにすすめてくるということも考えられます。

損切りしてでも解約した方がいいという場合もありますので、そのあたりはよく見極めなくてはなりません。



Copyright © 投資信託情報~ランキング情報、おすすめの解説をします~ All right reserved.